ポルトガル語学科試験を求める要望書

 昨日、三重県警察本部へ行って、自動車運転免許学科試験ポルトガル語実施を求める要望書を交通企画課の人に渡してきました。
 
 自動車運転免許学科試験ポルトガル語実施を求める要望書

 短い時間ではありましたが、保護者の自動車運転免許が子どもに与える影響について聞いていただきました。

 また、2745筆の署名を示し、多くの人の願いを代表しての要望であることを伝えました。

 2010年12月14日の県議会教育警察常任委員会で交通部長が「なるべく遅くない時期に導入できるように諸準備を進めている」と答えられましたが、企画課の方のお話を聞いていると、具体的な準備には至っていないようです。
 実施を楽しみに待っていると伝えてきました。
 

 他県の様子ですが、4月1日から富山県が、全国のトップを切って、ポルトガル語の学科試験を実施します。

 ポルトガル語による学科試験の実施について(富山県警)

 トップを切るだろうと予想していた静岡県は、県警に問い合わせたところ、実施することは決定し、具体的な準備を進めている最中とのことですが、実施時期はまだ決まっていないそうです。

 中国語での実施は、知り得た範囲では、4月1日時点で、8府県になります。

 県別実施状況

 韓国語の実施をしていた徳島県ですが、47NEWSによると、受験者が少なく、取りやめになったようです。

 47NEWS

 

 
 
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック