エスペランサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教員研修が自主的なものでなくなる

<<   作成日時 : 2016/11/09 03:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

調べ物をしていたら、昨日、「教育公務員特例法等の一部を改正する法律案」が衆議院で可決されたことに気づいた。

教員研修の意味がまったく変わってしまう。研修は自主的に行うものという現行の性格から、定められた指標に従って行われる研修というお仕着せのものに変わってしまう。

教員研修を統制することで学校教育を統制することが可能になる。

こんな改悪、まっぴら御免だ。なぜ、騒がない?

動画を見たところ、起立していないのは共産党の議席のみのよう。
子どもたちの実態に基づく研修の重要性がわかってないのだ。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/1377981.htm
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&u_day=20161108
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/g19205017.htm
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO001.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<現行>

第四章 研修

(研修)
第二十一条  教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。
2  教育公務員の任命権者は、教育公務員の研修について、それに要する施設、研修を奨励するための方途その他研修に関する計画を樹立し、その実施に努めなければならない。

(研修の機会)
第二十二条  教育公務員には、研修を受ける機会が与えられなければならない。
2  教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所を離れて研修を行うことができる。
3  教育公務員は、任命権者の定めるところにより、現職のままで、長期にわたる研修を受けることができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<改悪案> 

 第二十二条の次に次の四条を加える。

  (校長及び教員としての資質の向上に関する指標の策定に関する指針)

 第二十二条の二 文部科学大臣は、公立の小学校等の校長及び教員の計画的かつ効果的な資質の向上を図るため、次条第一項に規定する指標の策定に関する指針(以下「指針」という。)を定めなければならない。

 2 指針においては、次に掲げる事項を定めるものとする。

  一 公立の小学校等の校長及び教員の資質の向上に関する基本的な事項

  二 次条第一項に規定する指標の内容に関する事項

  三 その他公立の小学校等の校長及び教員の資質の向上を図るに際し配慮すべき事項

 3 文部科学大臣は、指針を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。

  (校長及び教員としての資質の向上に関する指標)

 第二十二条の三 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、指針を参酌し、その地域の実情に応じ、当該校長及び教員の職責、経験及び適性に応じて向上を図るべき校長及び教員としての資質に関する指標(以下「指標」という。)を定めるものとする。

 2 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、指標を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ第二十二条の五第一項に規定する協議会において協議するものとする。

 3 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、指標を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表するよう努めるものとする。

 4 独立行政法人教職員支援機構は、指標を策定する者に対して、当該指標の策定に関する専門的な助言を行うものとする。

  (教員研修計画)

 第二十二条の四 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、指標を踏まえ、当該校長及び教員の研修について、毎年度、体系的かつ効果的に実施するための計画(以下この条において「教員研修計画」という。)を定めるものとする。

 2 教員研修計画においては、おおむね次に掲げる事項を定めるものとする。

  一 任命権者が実施する第二十三条第一項に規定する初任者研修、第二十四条第一項に規定する中堅教諭等資質向上研修その他の研修(以下この項において「任命権者実施研修」という。)に関する基本的な方針

  二 任命権者実施研修の体系に関する事項

  三 任命権者実施研修の時期、方法及び施設に関する事項

  四 研修を奨励するための方途に関する事項

  五 前各号に掲げるもののほか、研修の実施に関し必要な事項として文部科学省令で定める事項

 3 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、教員研修計画を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表するよう努めるものとする。

  (協議会)

 第二十二条の五 公立の小学校等の校長及び教員の任命権者は、指標の策定に関する協議並びに当該指標に基づく当該校長及び教員の資質の向上に関して必要な事項についての協議を行うための協議会(以下「協議会」という。)を組織するものとする。

 2 協議会は、次に掲げる者をもつて構成する。

  一 指標を策定する任命権者

  二 公立の小学校等の校長及び教員の研修に協力する大学その他の当該校長及び教員の資質の向上に関係する大学として文部科学省令で定める者

  三 その他当該任命権者が必要と認める者

 3 協議会において協議が調つた事項については、協議会の構成員は、その協議の結果を尊重しなければならない。

 4 前三項に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、協議会が定める。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

サイト内ウェブ検索

教員研修が自主的なものでなくなる エスペランサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる